結婚式に祝電を打とう

祝電とは、字のごとく「お祝いの場に送る電報」のことです。結婚式や入学卒業、出産や誕生日などのお祝いに送ります。お祝いの気持ちを綴った電報は、お相手にもきっと喜ばれるでしょう。結婚式では、バルーンやお花、ぬいぐるみなど、華やかで会場のウェルカムスペースにも飾れるようなものが特に喜ばれます。祝電を打つ場合は、披露宴会場に直接届くようにしましょう。当日着にして万が一間に合わなかった場合や、会場の保管期間が長くなるのもトラブルの原因となるので、前日または前々日くらいに着くようにしましょう。宛名は、新郎新婦の名前にします。また、当日の披露宴中に祝電の内容が読まれる可能性を考慮して、砕けすぎた文章にならないよう気を付けましょう。いろいろな電報があるので、どれが新郎新婦に喜ばれるか考えながら選ぶのも楽しいものですよ。

祝電を利用して新郎新婦にお祝いを

知り合いの方の結婚式に出席するはずでしたが、何かの事情で行けなくなってしまうこともありますね。そういった時に、仲がよかった方なので、何も伝えることなく式を欠席すると、悪い感じがするので、祝電を送ってあげるといいですね。結婚式は、明るい場なので、電報も可愛らしい感じのものがいいですね。ネットをご覧いただくと、いろいろなデザインがありますので、よく御覧になって注文するといいですね。送られた祝電は、式の中で司会の方によって、名前など読み上げられることになります。時間があれば、中身も読み上げられることもありますが、時間が限られているので、名前だけの方が多いですね。祝電を送る時に注意しないといけないのが、結婚式を行う場所や時間です。一日に何件も行うことがあるので、終ったあとに到着しても意味がないです。

これからの祝電はぬいぐるみつき

結婚のお祝いに祝電を打つ人も多いはずです。そんな時、一味違う商品を選ぶと相手からもよろこばれます。有名なキャラクターのぬいぐるみがついた電報はもちろんですが、最近の流行はインコのペアのぬいぐるみです。インコは夫婦になると一生添い遂げるのだそうです。その夫婦仲が良好な習性が結婚祝いにふさわしいと祝電にも登場しています。文房具でもインコモチーフが増えてきていて、若い女性に人気なので、その影響での登場であるものの人気となっています。結婚式に出席できない時に贈る時、とりあえず贈っておくかの気持ちではなく、わざわざ選んで贈った気持ちが相手にも伝わるのはかわいいぬいぐるみつき。ペアぬいぐるみは結婚式の入口に飾ってもおけますし、新居のインテリアにもなじみます。電報だけを送るのではなくてプラスワンのアイテムを取り入れてみましょう。

ご就任やご昇進のお祝いに高品質な祝電をご用意。オリジナルのデザイナーズ電報をご利用ください。 デザイナーズ電報シリーズ「DENPO×EVOLUTION」にはコシノジュンコも参加! 法人様の場合、ご請求書払いをご利用いただけます。 お電話でのお申し込みは8時?22時で受付してます。 就任電報や昇進祝いの電報といった祝電を豊富にご用意しております。 祝電ならほっと電報